パーキンソン病ガイド

パーキンソン病ガイド

パーキンソン病とは手や足が自分の意思と関係なく震えたり、足がすくんで歩くのが困難になる症状です。これらの原因は全身の筋肉を動かしている脳内のドーパミンが不足することによって身体がうまく動かなくなる病気です。

 

発症しやすい年齢は50歳〜60歳が一番高く、男性と女性と比べた場合は、女性の方がパーキンソン病を発症しやすいという傾向があります。自分は歳をとっていないから大丈夫と安心してはいけません。早ければ30歳代でも発症する若年性のパーキンソン病があります。この若年性パーキンソンは日本では15万人いるとも言われています。

パーキンソン病の主な症状は?

パーキンソン病は主に筋固縮、動作緩慢、震戦、姿勢反射障害という症状が現れます。初期段階においては、手足の震えやぎこちない歩き方、こわばりなどがあります。一般的には片方の手や足から見られ、やがてだんだんと反対側の身体へと症状が進行してきます。

 

パーキンソン病の方は、顔の表情が固まって無表情になり、声もだんだんと低音になります。段差のある場所では、足をうまく上げることができずに、つまづいて転倒する事故なども起きています。骨の弱いお年寄りの場合は骨折などで病院で寝たきりとなり、そのままベッドでの生活になることもあります。

パーキンソン病の原因はなにか?

現在の医療で分かっていることは、脳内の神経伝達物質のドーパミンが不足しているという事です。このドーパミンが発生することによって、脳からの指令が筋肉に伝わり私たちは手足を動かしているのです。

 

それでは、なぜ脳内でドーパミンが作られてなくなってしまうか?という原因については、残念ながら原因を特定できておりません。このドーパミンは分泌量が多すぎても少なすぎても身体をきちんと動かすことができませんので、量が多ければ良いというものではありません。

パーキンソン病の治療方法

パーキンソン病は手足の筋肉が固まってしまいますので、まずはドーパミンを摂取して身体の動きを良くするリハビリをするのが良い方法です。お医者さんではドーパミンを増やす薬が処方されますので、それを飲みながら症状に合わせた治療を行います。

 

しかしながら、この病院から処方されるドーパミンを増やす薬(レポドバ)は、個人差はありますが2〜3年の長期に渡って服用した場合に副作用が発生する場合ががるリスクを抱えています。その為、患者さんはたいへんつらい思いをされる時があります。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%のムクナ豆のたっぷく本舗